ソフトバンク携帯電話FAN!

ブループランが適している人は?


 

ブループランが得になるケースを検証


ブループランについては他のページでも解説していますが、料金的にはオレンジプランに軍配が上がるケースが多くあまり検討する必要は無いと思う人も多いと思います。
しかし、パケット定額制の金額が少し安かったり(段階制ではありませんが)、スマートフォン定額料金がホワイトプランでパケットし放題に加入するよりも安いというメリットがあります。

特にスマートフォンの定額制で利用したい場合、使い方によっては総額でブループランの方が安くなる場合があります。

・下の表ではブループラン・ホワイトプランでそれぞれスマートフォン定額制を上限金額で使った場合を一例で比較してみました。(S!ベーシックパック料金などは別途必要です。)
プラン 基本料金 スマートフォン定額料金 合計金額
ブループラン/SSプラン
※自分割引50へ加入
1,785円 5,985円 7,770円
ホワイトプラン 980円 10,290円
(上限金額)
11,270円
極端な例かもしれませんが総額ではブループランの方が安くなりますので、
スマートフォンを目いっぱい使いたい人にはブループランを検討してみてください。




またオレンジプランよりブループランが得になるケースもあります。パケット定額料金をいつも上限まで使う場合はブループランの方が合計金額で安くなります。
(S!ベーシックパック料金などは別途必要です。)
プラン 基本料金 パケット
定額料金
合計金額
ブループラン/SSプラン
※自分割引50へ加入
1,785円 4,095円 5,880円
オレンジプランW/SS
(新・自分割引加入)
1,785円 4,410円
(上限額)
6,195円







ソフトバンク携帯電話FAN!トップへ
プリペイド携帯